FC2ブログ

霊岩寺

黒木町笠原にあります霊岩寺というお寺です。珍宝岩(ちんぽういわ)が有名です。約600年前に、栄林周瑞禅師(えいりんしゅうずいぜんじ)が中国の明から帰国。諸国行脚の途中、蘚州霊巌寺の景観に似ていることから、この地に「霊巌寺」を建設した。その時、明国から茶の種子を持参し、当時の庄屋・松尾太郎五郎久家(まつおたろうごろうひさいえ)に栽培・製茶の技法を伝授したのが「八女茶」の起こりと言われ、八女茶発祥の地と...

黒木町笠原 九州北部豪雨からもうすぐ5年

平成24年7月に起こった九州北部豪雨からもうすぐ5年になります。黒木町笠原の工事は、まだ行われています。写真では小さく見える重機ですが、とても大きな重機です。この範囲にあった杉の木が、地盤ごとすべて滑り落ちたそうです。...

花が咲き始めました。

昨年、秋に利用者さんとプランターに植えたパンジー・ビオラなどが、花をたくさん付け始めました。 ランナーから子株を取ったいちごも元気に大きな株になってきました。そよ風くろぎの向かい側の、吉田園さんの緋寒桜(ひかんざくら)も満開になっていました。先日、アップした啓扇桜とは違い花が下向きに咲いています。桜にもいろいろな種類がありますね〜。...

今日の昼食

昼食は職員一名が、検食として利用者さんと同じ昼食をいただきます。今日のメニュー・ご飯・牛肉とキャベツの味噌炒め・レンコンのきんぴら・春雨サラダ・すまし汁     大変おいしく頂きました。ごちそうさまでした。...

啓扇桜(けいおうざくら)

スタッフが啓扇桜(けいおうざくら)という桜を持ってきてくれました。啓扇桜は、久留米市山本の良永啓太郎という人が中国系のミザクラを台木にし、 ヒガンザクラの枝変わりとして誕生させたそうです。名付け親は同じく久留米市の弥永太郎さんで、啓太郎の 一字をとって啓翁桜と名付けたそうです。 いきおいよく成長する啓翁桜は、枝の伸びがよく、枝を切り込ん でも弱らず切枝用に適しており、花の形や咲く時期などはヒガンザクラ...

行事食

毎月、最後の週は行事食です。 今日の献立・菜飯ご飯・照り焼きチキン・さつま芋のサラダ・いんげんとコーンのソテー・コーンポタージュ病気や飲み薬との関係で、メニューは少しずつ変わります。また、ご飯の量やおかずの量も利用者さんによって異なります。器に関しても、目の不自由な方が少しでも分かりやすいように色の工夫をしたり、片手でも持ちやすい食器など、利用者さんにできるだけ合わせて提供しています。...

風呂

そよ風くろぎ自慢、♨ 風呂 ♨の紹介です。「かゆい所にてが届く」もちろん、移動が難しい方は介助しますし、洗体・洗髪に介助が必要な方は介護士がお手伝いします。ゆっくりとジェット浴・打たせ湯にあたり、心も身体もリフレッシュして下さい。また、入浴動作(更衣〜洗体・洗髪〜浴槽移動)の確認を行い、リハビリを兼ねた入浴を行います。       ジェット浴              打たせ湯      洗い場の一部...

そよ風くろぎ 桜満開

今年、黒木町のどこよりも早く そよ風くろぎ に 桜 が咲きました。(^-^)/2月から、利用者さんみんなで新聞のカラーの部分をちぎり、のりで貼り付けました。1週間は、レクとして利用者さんみんなに行ってもらい、残りは昼食後などの時間がある時に、一緒にして下さる利用者さんと作成しました。目の不自由な方は、新聞紙をちぎる作業をしてもらい。片麻痺で一側が不自由な方は、ちぎった紙をのりの付いた厚紙に置いていく作業をし...

事業所評価加算

H29年2月22日付けで、事業所評価加算算定基準判定結果通知書を頂きましたので、H29年4月より1年間、介護予防通所リハビリテーションを利用される方(要支援1・要支援2)は、1月120単位が加算されます。(利用者負担は1割負担の方は120円増えます。)...

そよ風くろぎの雛飾り

今日は、3月3日。ひな祭りです。毎年、スタッフのお雛様をそよ風くろぎに飾りますが、今年は、台を作りきれいに飾りました。黒木町でも、雛飾りは4月3日まで飾るお宅が多いようです。柳川藩からのながれ?だとか・・・。よく分かりませんが、そよ風くろぎでも、4月4日頃まで飾りま〜す。...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。